スマートフォン版へ

今こそ #お家競馬 を楽しみ尽くそう!

日本ダービー

無敗2冠の可能性は?

プレゼント企画実施中!

年に1度の競馬の祭典

Japanese Derby

5.31 日本ダービー(GI)

今年はいつもよりじっくり予想して楽しもう!

予想を見ておうち競馬をグレードアップ!

日本ダービーの予想を見て応募した人の中から
抽選総勢1000名にプレゼント!

夏競馬もヒンヤリ楽しもう! 900名様
クール
マフラータオル
あなたのスマホをリッチに! 85名様
iTunesカードor
GooglePlayカード
1,000円相当
勝っておうちで生ビール気分! 10名様
ビールサーバー
(缶・瓶ビール対応)
おうちで競馬と動画を楽しみ尽くそう! 5名様

and more!

日本ダービーと目黒記念の予想を見た方から
モバイルプロジェクター
抽選プレゼント!

応募フォーム

※当選の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます

5/31(日)は同舞台で日本ダービー開催!

昨年の日本ダービーを振り返る

Takamasa Kametani 亀谷敬正 イメージ
2019年日本ダービー
  1. 1着: ロジャーバローズ(12人気)
  2. 2着: ダノンキングリー(3人気)
  3. 3着: ヴェロックス(2人気)

昨年は12人気が1着に激走!

馬連と3連複をGETした亀谷敬正
波乱の要因と今年の注目ポイントを語る

昨年のダービーの1、2着は父がディープインパクト。オークスもディープインパクトが1、2着。ディープ産駒の出走頭数はオークスが5頭。ダービーは4頭。馬連BOXならオークスでディープインパクトだけの組み合わせは10点。ダービーは6点でいずれも100倍以上の万馬券を的中できたことになります。
なお、昨年のダービーは勝ち馬のロジャーバローズを▲。2着のダノンキングリーを◎。3着のヴェロックスを4番手に推奨して的中しました。ディープ産駒を◎○にしなかったのは、そこまでディープだけを重視しなかったからなんですよね…
的中はしたものの、大いに反省しております(苦笑)
少しだけ、血統に関するノウハウを誇るとすれば、ダービーに出走したディープ産駒でも、馬券圏外になってしまったディープ産駒は無印にしたことでしょうか。無印にした2頭は母系に「欧州の名血」サドラーズウェルズを持っていたからです。逆に評価した2頭は母父がダンチヒ系か米国型でした。
ディープインパクト産駒が3歳春の東京芝2400mで最大限能力を発揮するには「仕上がりとスピードに長けた米国の血かダンチヒの血」を母に持つことが大事なのです。逆に米国型とは相反する「欧州の名血」の要素は薄い方がいいのです。

もっと見る

閉じる

お気に入りに登録

お気に入りに登録

お気に入りに登録済

人気予想家が教える㊙馬券術

人気予想家たちがレースの舞台になる
東京芝2,400mやダービーの攻略法を教えます!

キムラヨウヘイ

若手予想家が意識する
穴馬の見つけ方とは?

ダービーについては、かつてフルゲートが今よりも遥か多く設定されていた時代に「最も運のある馬が勝つ」「ダービーポジション」という格言がありましたが、それらはフルゲートが縮小された現代においても、実はそのまま通用している感があります。近年の決着傾向でも「強い上位人気馬(主に差し馬)」に対して「運の良い下位人気馬(主に先行馬)」が、位置取りやコース取りのアヤによって本来の能力差を覆す結果が度々起きており、最高峰レースとされながらも純粋な能力比べになっているとは言い難いというのが実情です。その現代ダービーで妙味ある馬券をゲットする為には、その後者の“内・前の競馬で恵まれる馬”を如何に見抜くことができるかに懸かっています。

もっと見る

閉じる

お気に入りに登録

お気に入りに登録

お気に入りに登録済

井内 利彰

調教捜査官が教える
ファンに見てほしい部分とは?

日本ダービーで必ず重視する調教パターンがあります。それは「最終追い切りが栗東坂路で4F目が最速になるラップを踏む」というもの。昨年はロジャーバローズがこれに該当して、単勝12番人気ながら1着となりました。道中が比較的ゆっくり流れて、後半勝負になりやすい東京芝2400m。ここでゴールまで脚を持続、もしくは加速させていくためには栗坂でゴールへ向かって加速していくラップを踏むことが重要というわけです。マカヒキやワグネリアンもこの調教パターンに該当して、ダービー馬となりました。複数の馬がこれに該当していれば、さらに掘り下げた予想が必要になりますが、まずはここをチェックすれば、今年のダービー馬を見つけやすくなるはずです。

もっと見る

閉じる

お気に入りに登録

お気に入りに登録

お気に入りに登録済

栗山 求

昨年のGI男が教える
注目血統とは?

格の高いレースほど「血統」がモノをいいます。過去10年間のダービー馬は、外国産馬が勝った2010年を除き、いずれも父はランキングベスト3に入る名種牡馬ばかりです。ディープインパクト5勝、キングカメハメハ2勝、ハーツクライ、ステイゴールドが1勝ずつ。その時点でベスト3に入った経験がなかったとしても、後にそこに到達しています。ディープインパクトは9世代で5勝ですから2年に1頭以上のペースでダービー馬を出しています。1番人気が予想される皐月賞馬コントレイルは有力でしょう。同じディープ産駒で弥生賞ディープインパクト記念を勝ったサトノフラッグも侮れません。ハーツクライ産駒のサリオスとワーケアも資格ありです。

もっと見る

閉じる

お気に入りに登録

お気に入りに登録

お気に入りに登録済

教えて!あなたの日本ダービー推し馬

レース当日まで投票可能!

日本ダービーで買いたい馬と応援コメントを
netkeibaの予想大会俺プロに投稿しよう!

投票する

お気に入り予想家登録

お気に入り登録が完了しました。

この予想家が予想を公開した際に通知を受け取りますか?