netkeiba.com

井内利彰の予想

10R
東京大賞典(G1)(3上) GI
12月29日(日) 15:40 大井 ダ2000m
予想印
9オメガパフューム(2人気)
2ケイティブレイブ(3人気)
12ゴールドドリーム(1人気)
10ノンコノユメ(5人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
単勝通常
9
4,000円 払い戻し:4,000円x2.8倍=11,200円
馬連流し
9
相手
21012
3通り 各1,000円 払い戻し9-10:1,000円x41.0倍=41,000円
3連単1着流し
1着軸
9
相手
21012
6通り 各500円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 52,200円
収支 +42,200円
レース結果
着順 馬番 馬名 人気
1 9 オメガパフューム 2人気
2 10 ノンコノユメ 5人気
3 5 モジアナフレイバー 4人気
4 12 ゴールドドリーム 1人気
5 13 ロードゴラッソ 6人気
6 6 サノサマー 9人気
7 8 バルダッサーレ 10人気
8 2 ケイティブレイブ 3人気
9 1 アポロテネシー 7人気
10 4 サンドプラチナ 11人気
11 3 ウマノジョー 12人気
12 11 ゴーディー 13人気
13 7 ロンドンタウン 8人気

お気に入り予想家登録

お気に入り登録が完了しました。

この予想家が予想を公開した際に通知を受け取りますか?

見解

3Fも12秒台を持続できた

 昨年の1着2着はいずれも最終追い切り場所が栗東坂路。地方競馬場では長い直線のコース設定ですから、栗坂のパワーが大きな調教適性となるのでしょう。そういった意味では、昨年の東京大賞典、そして今年の帝王賞と大井ダート2000mのG1で連勝中の◎オメガパフュームは前記2レースの時と同じ調教内容なら、同じパフォーマンスを期待してよいと思います。最終追いとして共通しているのは、栗坂で3F目4F目が12.9秒以下という点。持続力を示すラップという意味では、これが最大のポイント。これに関しては、3F目12.4秒、4F目12.8秒ですから、全く問題ありません。ただ、今回は2F目も12秒台というラップ。2Fではなく3Fも12秒台を持続できたことは今の充実ぶりを示していると思います。
 主観的なことを記しておくと、2F目に速いラップを踏んだからといって、後半で脚色が鈍っているということはありません。むしろその動きを見ていると、最後まで楽な感じで走れており、この追い切りを見ただけで本命を決めたくなったくらいです。
 浦和記念で「やっぱり強かった」というレースを見せた○ケイティブレイブ。昨年の3着馬ですが、レース間隔が詰まっていても、しっかり本数乗ったことが好走の要因だと判断しています。よって、今回も栗東坂路で5本の追い切りなら十分な量。時計も好走時と変わりありませんし、やっぱり2着最有力はこの馬でしょう。
 △ゴールドドリームは状態が本物ではないと判断した南部杯では低いパフォーマンスでしたが、1週前追い切りがCWで併せ馬を先着し、最終追い切りが栗東坂路の前回はしっかり結果を出しました。今回はレース間隔が詰まっているため、1週前はCWでの追い切りでしたが単走でした。4歳以降、中3週といったローテーションで出走した経験がなく、ここが判断の難しいところ。ちなみに武蔵野SからチャンピオンズCという中2週のローテーションでは12着惨敗の経験があるだけに、そこは頭に入れておきたいところです。
 ☆ノンコノユメは地方、荒山勝徳厩舎へ転厩してからの好走調教パターンが小林での追い切り時計が週を追うごとに速くなっていくこと。今回は2本の追い切りだけですが、これにはしっかり該当しましたし、3F35秒台は素晴らしく速い数字だと思います。この馬の脚力は大一番でこそといった印象もありますから、ここは当然印を打たないといけません。