netkeiba.com

nigeの予想

11R
戸塚記念(G)(3歳)
9月4日(水) 20:10 川崎 ダ2100m
予想印
8ヒカリオーソ(1人気)
14ウィンターフェル(2人気)
9グリードパルフェ(4人気)
2ダンサーバローズ(3人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
3連単通常
8149
5,000円 払い戻し:5,000円x14.4倍=72,000円
3連単通常
8142
2,000円
3連単通常
8914
2,000円
3連単通常
892
1,000円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 72,000円
収支 +62,000円
レース結果
着順 馬番 馬名 人気
1 8 ヒカリオーソ 1人気
2 14 ウィンターフェル 2人気
3 9 グリードパルフェ 4人気
4 3 ケンゴッド 6人気
5 10 トーセンオリンピア 5人気
6 1 ジョーパイロライト 9人気
7 6 レオズハウライト 8人気
8 2 ダンサーバローズ 3人気
9 5 キャッスルワンダー 11人気
10 12 グラビテーション 10人気
11 7 グローリアスライブ 12人気
12 4 マイコート 13人気
13 11 トーセンボルガ 7人気
14 13 コスモマーヴィ 14人気

お気に入り予想家登録

お気に入り登録が完了しました。

この予想家が予想を公開した際に通知を受け取りますか?

見解

【全馬評価あり】長所が生きる条件なので、普通に走れば結果は付いてくる!

<展開>

逃げたいのは、ヒカリオーソ、トーセンボルガ。
行ければ行くのが、ダンサーバローズ。

前走の逃げないで惨敗と左海騎手替わりからトーセンボルガが、外から強引にハナが濃厚。
ヒカリオーソが外に切り替えて2番手。その後ろからダンサーバローズ。

その後ろから、ジョーパイロライト、キャッスルワンダー、ウィンターフェルあたりが追走。
ハナ争いが決まるとペースが落ち着きそうで、やや遅めの流れを想定。


<予想>

◎:ヒカリオーソ
川崎は長所が生きる

○:ウィンターフェル
能力互角以上もソラを使う課題ある

▲:グリードパルフェ
川崎だと少しペースが流れてほしいが

△:ダンサーバローズ
前走の我慢がこのレースにつながる



<詳細予想>

本命は、ヒカリオーソ

前走のジャパンダートダービーは、内枠からじわっと出して行って逃げる競馬。
向正面でサクセッサーに少し絡まれたが、コーナーで脚を溜めて直線へ。
直線に入って加速しているのだが、外からデルマルーヴル、クリソベリルに交わされて、ラスト1Fは力尽きて失速の5着。

12.3 - 11.6 - 12.6 - 13.0 - 12.6 - 12.5 - 12.9 - 13.8 - 12.5 - 12.3

いいペース逃げているのだが、中央馬相手では瞬発力・トップスピードの差が出てしまった。
この馬としては、東京ダービー以上の走りを見せて悲観する内容ではない。


今回は、地方馬のみのレースで、緩急のあるペースに強制的になる川崎。
東京ダービーで見せた先行力と瞬発力(上がりの速さではなく、トップスピードに乗るまでの速さ)が生きる条件で、斤量も定量で走れるのもプラス。

逃げる競馬がベストだが、好位2番手からでも問題ないことは見せている。
この枠なら内で包まれることはないはずなので、普通に走れば結果は付いてくると考えて期待する。



対抗は、ウィンターフェル

前走のジャパンダートダービーは、外枠からじわっと出して行って中団やや後ろから追走。
3コーナーから進出を開始して、直線で外からいい脚で伸びてきて2着争いに加わったが4着。

ミューチャリー、クリソベリルの次に速い上がりを使って最高の競馬をしたが、あれが精一杯だった。


前走は強い相手なので気にしないでよかったが、地方馬のみなのは大きな課題。

この馬は、総合力のある強い馬なのだが、ソラを使ってしまうという弱点があるので早め先頭で突き放す競馬ができない。
この相手だと強気に乗ることができないので、その点を気にしながらのレースになる。

前にヒカリオーソがいるので目標はあるのだが、早めに交わすことができないのでどうしても相手の有利な展開になってしまう。

東京ダービーでも好位でスローペースに付き合うしかなく、ヒカリオーソに先着されている。

能力的に互角以上も、強気に乗れないのでこの評価になる。



単穴は、グリードパルフェ

前走の黒潮盃は、好位勢を見ながらの中団やや前から追走。
3コーナーで馬群の中から徐々に進出して、直線で外からいい脚で伸びていたが前にいたリンノレジェンドがと止まらずに2着。

12.3 - 12.4 - 13.2 - 12.7 - 12.3 - 12.6 - 13.2 - 12.5 - 12.9

完璧なレースをしたのだが、勝ち馬に強い競馬をされてしまったレース。相手が悪かった。

このレースで本命とした理由が、東京ダービーの内容。
持続力が問われる船橋で結果を出してきた馬なので、大井外回りは不向きと判断していたら4着に好走。
それも、超スローペースの上がり勝負に対応したのには驚いた。

前走でも直線でしっかり加速していて、緩急のある流れは問題ない。
川崎になると差し切るまでは展開の助けがないと難しいが、馬券圏内までなら持って来れていいと考えてこの評価。



4番手は、ダンサーバローズ

前走は、最内枠で速い馬がいたので、逃げられずに逃げ馬の後ろから追走。
その位置でじっとして、4コーナーで外に出せて、直線に入るとじわじわ前に迫ってラスト100mで突き放して4馬身差完勝。

12.2 - 12.8 - 13.8 - 13.1 - 13.9 - 14.5 - 12.3 - 13.0 - 13.7 - 12.6

この馬は、逃げる競馬をして、持続力を生かして好走するタイプ。
前走のように、スローペースを逃げ馬の後ろから追走して、直線でしっかり加速できたのは収穫。

相手が強くなってペースが上がるのは問題ないが、大井外回りのスローペースの上がり勝負で好走できるような馬相手の緩急のあるペースはやはり分が悪い。

前走同様に好位内で我慢して、そのまま粘って馬券圏内に残れてもというくらい。
(個人的には、浦和・船橋に出てくるのを楽しみに待っている馬)



※以下は、買わない馬の評価。

ジョーパイロライト

前走は、中団から追走して、向正面で徐々に進出。
3番手まで上がって直線に入ったが、そこからの加速でついて行けずに5着。

ペースの流れる浦和で強い競馬をしているので、川崎でこのメンバーでは厳しい。



ケンゴッド

前走は、後方でじっとして3コーナーから進出。直線で伸びてきたが3着まで。
距離に対応して、強い相手に好内容。成長を見せている。

ただ、川崎がベストではないダンサーバローズに完敗しているので、さらに相手が揃うと厳しい。
掲示板に載れるようなら、今後が楽しみになる。



マイコート

自分のペースで走らせて、持続力を生かして長く脚を使うタイプ。
ニューイヤーCのようなペースが流れる条件がいいので、川崎はマイナス。
休み明けでいきなりこの相手もきつい。



キャッスルワンダー

芙蓉賞では、好位から粘って4着。
前に行って持続力を生かしたい馬なので、浦和・船橋向き。
川崎だと直線の加速について行けない。



レオズハウライト

緩急があるペースになる雲取賞でいいところなく完敗。
完全に持続力タイプで脚質的にも船橋向きで、川崎だと後方で追いかけて終わる。



グローリアスライブ

前走は、展開不利のレースを好位で粘って5着。
展開不向きを考えるとよく走っている。

2走前のハヤテスプリント(1200m)の走りが良かっただけに、この距離で相手強化はつらい。
距離短縮時に狙いたい。



トーセンオリンピア

中央では、差す競馬で長く脚を使って差してきて2着5回。
勝ち切れなかったが、相手次第で勝っていい走りはしていた。

今回は、初ダート替わり、小回り、コーナーで緩む流れと課題がかなり多い。
血統的には芝向きで、素質に期待するしかないレース。



トーセンボルガ

前走は、ホールドユアハンドのテンの脚の速さを見て、競らずに2番手から追走。
折り合っていたように見えたが、4コーナーで外から交わされてそのままズルズル失速。

逃げがベストなのはあるが、相手の強さに完敗でもあった。

今回は、主張したら逃げる競馬ができそうだが、距離が長いし、緩急があるペースもベストではない。
直線に先頭で入ってもヒカリオーソの加速について行けずに失速する可能性が高い。
1600m以下で、逃げれる競馬が理想。



グラビテーション

前走は、相手が楽になったから3着。
鎌倉記念で最高の走りをしてからが、さっぱり過ぎて…



コスモマーヴィ

3歳の重賞だから使うかという感じで、この距離はどう考えても長い。
スピードを生かせる1400m前後が理想。