netkeiba.com

馬剣師・匠の予想

11R
エリザベス女王杯 GI
11月10日(日) 15:40 京都 芝2200m
予想印
2ラッキーライラック(3人気)
16スカーレットカラー(4人気)
4ウラヌスチャーム(6人気)
5ポンデザール(8人気)
8クロノジェネシス(2人気)
10フロンテアクイーン(10人気)
11ラヴズオンリーユー(1人気)
13サトノガーネット(12人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
単勝通常
2
5,600円 払い戻し:5,600円x5.4倍=30,240円
馬連通常
216
2,000円
3連単フォーメーション
1着
2
2着
16
3着
458101113
6通り 各200円
3連単フォーメーション
1着
2
2着
458101113
3着
16
6通り 各200円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 30,240円
収支 +20,240円
レース結果
着順 馬番 馬名 人気
1 2 ラッキーライラック 3人気
2 6 クロコスミア 7人気
3 11 ラヴズオンリーユー 1人気
4 12 センテリュオ 5人気
5 8 クロノジェネシス 2人気
6 17 サラキア 9人気
7 16 スカーレットカラー 4人気
8 9 アルメリアブルーム 13人気
9 13 サトノガーネット 12人気
10 10 フロンテアクイーン 10人気
11 4 ウラヌスチャーム 6人気
12 14 ゴージャスランチ 14人気
13 7 レイホーロマンス 18人気
14 18 レッドランディーニ 17人気
15 3 シャドウディーヴァ 11人気
16 5 ポンデザール 8人気
17 15 ミスマンマミーア 16人気
18 1 ブライトムーン 15人気

お気に入り予想家登録

お気に入り登録が完了しました。

この予想家が予想を公開した際に通知を受け取りますか?

見解

この馬が勝つことしか考えられない...

◎ラッキーライラック

この馬が頭しか考えられません。
極端な出遅れ、道中の不利がない限りは勝つと思います。
オークスも2番人気3着。
例年この時期のオークスは道中厳しい流れにならず直線自力勝負になるイメージですが、アーモンドアイは別格なので論外、リリーノーブルも現役を続けられていればラッキーライラックと同じくらいの活躍ができた馬なので、それに続く3着とあれば牝馬限定なら2200mの距離は問題ない。

53キロの斤量だったとはいえ中山記念の2着は見事だった。
今週末は天気も良く、馬場状態が良いのはプラスで多少時計が早くなっても気分良く先行できればかなりしぶとい。
逃げたい馬がいるので押し出されて逃げることになる展開はほぼ無いとみて、内枠を活かして逃げ馬の次の位置取りで虎視眈々と勝利を狙う感じのレース運びが良さそう。

テン乗りでもスミヨン騎手を手配できたのも大きい。
調教の動きも良いし、1度叩いて上昇も見込める。
他に強い馬はいますが、ここまでの力があれば前に行ったもの勝ち。
長い直線を持ってしても差し切るのは難しい。

2着になることすら考えにくい。

今回は1着固定で馬券を組み立てます。


○スカーレットカラー

前走は直線だけの脚をみたら完全G1級の差し脚。
あの流れでほぼ最後方にいたのに差し切るなんてかなり力をつけた。
距離さえ問題ないのであれば、唯一◎に迫れる馬です。
3歳の馬に注目がいって3−4番手評価になっているのは美味しい。

ただ、稍重でのあの走り、今回は反動がないかが心配ではあります。
調教の動きは現状維持な感じに見えますし、自力でどこまで戦えるか。

今回は凡走するか1−2着か、両極端なレースをしてきそう。


△サトノガーネット

前走はこの馬なりに走れていた。
さすがに最後方からの差し切りは厳しく、この馬自身も上がり2位の脚で追い込んでいるし、タイムも優秀。
展開が向かなかったとうことで度外視して良いでしょう。
ただ、連軸として扱うには安定性に欠けるのは否めない。
キレのある馬ではなく、前の馬が消耗戦で疲弊したところを差し切るのがベストな展開な馬なので、展開向かないと掲示板に届くか届かないかの結果になりそう。
三田特別は2勝クラスとはいえしっかりと差しきれたレース。1800-2000m中心に使われていますが、やはりもう少し距離があったほうが良さそう。
毎回脚を余しているようにも見えるので、今回の距離延長はプラスに働くと思うのです。
展開向けば2−3着。ということで紐に一考です。


△ウラヌスチャーム

調教の動きからすると現状維持か。
前走の京都大賞典は7着凡走のように見えるが、重賞級の牡馬に混じって紅一点の挑戦でこの着順なら上々です。
この馬も自分でレースを作るタイプではないので展開待ちなところもありますが、毎回堅実に走っていて毎回チャンスなのです。
距離適性もありますし、このメンバーなら上位争いも可能とみて相手に含めます。


△ボンデザール

底が見えていないので油断はできません。
50kgの斤量だったとはいえ牡馬オープンクラスは一掃できる実力あるので牝馬限定なら重賞は勝ちきれる能力はあると思う。
◎は強力なので2−3着候補。
長距離中心に使われていますが2200mの守備範囲内だと思うので、念の為、相手に含めます。


△クロノジェネシス
△ラヴズオンリーユー

3歳牝馬代表。
どこまで通用するか!?
どちらも調教の動きは良く、ラヴズオンリーユーに関しても久々でも動ける状態でしょう。
ただ、今年の3歳牝馬G1のレースレベルはそこまで高くないと思っていて、アーモンドアイみたいな3歳で古馬を蹴散らせるような馬なら、オークスでも秋華賞でも、なんていうのか・・・もう1馬身は差を広げて勝つくらいのパフォーマンスは欲しかった。ギリギリの着差で勝つにせよ余裕な感じでゴールしたのか、わりと一杯一杯でやっと勝てたのでは違います。

感覚的なものなのでうまく言語化出来ていませんが、とにかく・・・もう1パンチ足りないイメージなんですよね。

良くて3着あたりな予感がしています。


△フロンテアクイーン

マイルから中距離路線を堅実に走るイメージの馬。
東京コース稍重で1:44:7の時計はかなり優秀。
2200mでこれだけ走れれば勝ち負けも...2000m以上で参考になるのはオークスと去年のエリザベス女王杯くらい。
いずれも牝馬限定G2-G3では上位になれるけどG1だと苦戦しそうな脚色。
昨年のエリザベス女王杯は直線で進路が狭くなる不利もありましたが、それ以前に追って伸びるような脚色なら不利になる前に上位陣に食い込めていた。
それでも...脚色弱まった馬に迫る7着で、着差からもあわや3着が見えていたレースなので・・・
今回も展開が向きさえすれば3着あたりは望めるかもしれません。
さすがに勝つのは厳しいですが、(前日オッズ)80倍もつくほどの穴馬ではないと思います。



【買い方】
◎を1着固定、○を2着→△3着流し、△2着流し→○を3着にする3連単100円単位と、
余った資金はすべて◎の単勝で勝負です。