netkeiba.com

馬剣師・匠の予想

11R
スプリンターズS GI
9月29日(日) 15:40 中山 芝1200m
予想印
8タワーオブロンドン(2人気)
2ダノンスマッシュ(1人気)
4リナーテ(5人気)
5レッツゴードンキ(9人気)
7モズスーパーフレア(3人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
単勝通常
8
6,400円 払い戻し:6,400円x2.9倍=18,560円
3連単1着流し
1着軸
8
相手
2457
12通り 各300円 払い戻し8-7-2:300円x60.8倍=18,240円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 36,800円
収支 +26,800円
レース結果
着順 馬番 馬名 人気
1 8 タワーオブロンドン 2人気
2 7 モズスーパーフレア 3人気
3 2 ダノンスマッシュ 1人気
4 13 ミスターメロディ 6人気
5 5 レッツゴードンキ 9人気
6 12 ダイメイプリンセス 12人気
7 14 ハッピーアワー 13人気
8 6 ノーワン 14人気
9 4 リナーテ 5人気
10 1 アレスバローズ 11人気
11 15 イベリス 10人気
12 3 セイウンコウセイ 8人気
13 9 ディアンドル 4人気
14 11 マルターズアポジー 15人気
15 10 ラブカンプー 16人気
16 16 ファンタジスト 7人気

お気に入り予想家登録

お気に入り登録が完了しました。

この予想家が予想を公開した際に通知を受け取りますか?

見解

◎に全てを賭けます!

先週は前有利の高速馬場でしたが・・・
日曜日は60%の雨予報。
ただ、ドシャ降りにはならなさそうなので、基本的には良前提の予想で問題ないかと思います。

今年は前目で競馬をしたい馬が多いことから、前半は早めの時計になる想定。
とはいえ、馬場状態を考えると前が総崩れになるほどの展開にはならないと思うので、実力のある先行馬は3着以内に残る可能性を踏まえて予想を組み立てます。


◎タワーオブロンドン

今年のスプリンターズステークスの本命はこれ!!
現時点で俺プロ予想オッズ2番人気3.0倍の人気馬ですが・・・
前哨戦も豪快な勝ち方で死角がありません。
ただ、出遅れ率が高めなのは唯一のリスク。
前走は本来ならば致命的になっても良い出遅れ。
流れが早く、しかも直線向いてうまく進路が空いたのが幸いして余裕勝ちになりましたが、8番枠でも1馬身以上の出遅れはその後のレース展開に影響するほどのマイナス。
ですが、、、単勝オッズ3倍なら納得。
致命的な出遅れの可能性を考慮しても100回同じ条件でレースしても50回近くは勝てるはず。
頭固定にして、この馬が2着以下なら諦める・・くらいの気持ちで馬券を買います。


△ダノンスマッシュ

外すつもりでしたが・・・総合力は高い馬。
内枠でも川田騎手ならうまく馬群を捌いてくれそうな期待は持てます。
馬場は渋ったほうが良さそうなので日曜日に雨が降ってくれると期待値も上がるか。
1人気2倍台となると軸として押す気にはなれませんが、相手には入れないわけにはいかない馬です。


△リナーテ

最近の三浦騎手はちょっと存在感がなくなってきて心配ではありますが・・・
差し馬から相手を選ぶならリナーテになります。

若干詰めが甘いところも見受けられますが、負けたレースはこのレースの1・2番人気になるであろうツワモノばかり。
京王杯SCのレース運びが見事だったように思うので、先行馬の直後に控えて4角からスパートの競馬で問題ないか。


△レッツゴードンキ
高齢馬は若干敬遠したい気持ちもありますが、高速馬場だったとはいえVMは一流の走り。(勝った馬たちは超一流)
そもそもあのレースで最後方に位置して上位に入線できるわけもなく、ノームコアやプリモシーン並みの末脚を使っても6着が精一杯。
高松宮記念に至っては上がり最速の脚を使っていてまだ侮れない存在だと思います。
さすがにこの2戦のように最後方を走っていたのではこのメンバーで勝てるわけもなく・・・
理想は去年の高松宮記念やVMのような位置取り。
この1年の衰えがスタート後のポジション争いに影響してしまっているなら今回も厳しいところではありますが、この馬にとってもスプリントG1で上位争いできるのもこれが最後になるでしょうから頑張ってもらいたいです。


△モズスーパーフレア
前走の4着は・・・久々の競馬、外枠だったし、内枠から逃げたい馬もいたということもあって仕方がないところか。
ハナを主張する馬が他にもいるので、どこまで無理をするか!?
これが武豊やルメールであれば、速攻でハナを奪えば他の騎手も無理せず控えてくれるのかもしれませんが、松若騎手ですとマルターズアポジーの丸山騎手、場合によってはセイウンコウセイの幸騎手も逃げ争いに加わる可能性もあります。
好発した上で逃げを主張すれば、セイウンコウセイはそこまで無理はしないかもしれません。
マルターズアポジーも今回は武士沢騎手ではないので丸山騎手の出方次第・・・
多少ペースが早くてもすんなりハナを奪うことができれば、2−3着までは粘れる可能性あります。