netkeiba.com

野村明の予想

11R
セントライト記念 GII
9月17日(月) 15:45 中山 芝2200m
予想印
4ジェネラーレウーノ(4人気)
15レイエンダ(1人気)
1ギベオン(3人気)
5コズミックフォース(5人気)
2グレイル(6人気)
6ゼーゲン(9人気)
7ブレステイキング(2人気)
8メイショウロセツ(13人気)
10トラストケンシン(12人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬連通常
415
3,000円 払い戻し:3,000円x9.0倍=27,000円
3連単フォーメーション
1着
415
2着
415
3着
12456781015
14通り 各100円 払い戻し4-15-2:100円x330.5倍=33,050円
3連単フォーメーション
1着
415
2着
12456781015
3着
415
14通り 各100円
3連単フォーメーション
1着
415
2着
14515
3着
12456781015
42通り 各100円 払い戻し4-15-2:100円x330.5倍=33,050円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 93,100円
収支 +83,100円
レース結果
着順 馬番 馬名 人気
1 4 ジェネラーレウーノ 4人気
2 15 レイエンダ 1人気
3 2 グレイル 6人気
4 7 ブレステイキング 2人気
5 14 オウケンムーン 10人気
6 12 レイエスプランドル 14人気
7 5 コズミックフォース 5人気
8 3 ショウナンラーゼン 15人気
9 10 トラストケンシン 12人気
10 6 ゼーゲン 9人気
11 8 メイショウロセツ 13人気
12 9 タニノフランケル 7人気
13 1 ギベオン 3人気
14 13 ダブルフラット 8人気
15 11 ケイティクレバー 11人気

お気に入り予想家登録

お気に入り登録が完了しました。

この予想家が予想を公開した際に通知を受け取りますか?

見解

全てはペース次第

中山11R セントライト記念
==調教評価==
番: 今回 /前 2 3 4 5
01:50(←)/50 62 58 65 
02:57(←)/55 66 67 59 64
03:54(/)/58 55 61 66 47
04:63(/)/67 60 65 57 62
05:63(←)/61 52 53 57 55
06:61(\)/57 60   
07:67(\)/61 52 51 64 55
08:60(←)/59 52 58 55 61
09:58(\)/51 67 60 44 51
10:67(\)/59 63 61 65 58
11:53(←)/53 61 45 54 55
12:62(↓)/91 103 98 56 67
13:59(/)/64 59 60 61 66
14:47(↓)/56 52 58 58 55
15:69(↑)/60 61 48  
※最終追い切り時計のみを数値化。高いほど速い時計という意です。
※連闘・計時不能の場合は50としてカウント。

●天候・中山芝について
 土曜は多少雨の影響が残っていたが、時計の出やすい馬場だった。日曜は晴れてその土曜よりも時計は出ており、土曜が1秒2程度、日曜は1秒5程度速い時計が出ていた。今日の月曜も日曜同様に速い時計の出る馬場で、ペース次第では2004年にコスモバルクがマークした2:10.1のレコードに近いタイムが出てもおかしくないように思う。
日曜のレースを見る限り、後方からの一気の追い込みでは厳しく、ある程度前もしくは中団に位置していないと厳しいので、最後方待機というような馬は狙いづらい。

●本命は04.ジェネラーレウーノ
 出走馬全体を見ると、逃げ・先行馬が多くペースが若干読みづらい。逃げて好走してきた03.ショウナンラーゼン・09.タニノフランケル・11.ケイティクレバー・13.ダブルフラットのいずれも、ペースをかなり落としてのモノ。この組み合わせなら極端なスローという可能性もあるが、普通に考えればこれだけ前に行く馬がいると平均か平均より少し遅いぐらいのペースか。
 ある程度前につけ、極端なスローにならなければダービーでも本命にした04.ジェネラーレウーノを狙いたい。未勝利・葉牡丹賞ではスローでの逃げ切りだったが、いずれも物見をしたり行きたがっていたが、京成杯・皐月賞は平均・ハイペースを2番手で追走してのもの。ペースが上がった方が力を出せるタイプ。京成杯・皐月賞ぐらいのペースで流れれば、ダービーでも面白かったと思うが、ダービーはまたスローになってしまい、掛かって力を出せず。ペースが上がれば強く、遅くなると掛かって力を出し切れないタイプだけに、ペースが鍵。
15頭中11頭が近走逃げ・先行のレースをしているだけに、前記の通りペースはそこまで遅くはならないと見る。
 また、先週の追い切り時計で南W「79.3-64.8-50.5-37.3-12.7」をマーク。これが自身の自己ベストで、パワーアップし、出来も悪くないように思う。レイエンダは強いが、この枠で前目につけて、ペースが流れれば粘り込み可能と見て狙いたい。