バフンウニの予想

11R
朝日杯FS GI
12月18日(日) 15:40 阪神 芝1600m
予想印
2ドルチェモア(1人気)
5バグラダス(8人気)
11ティニア(7人気)
3オールパルフェ(4人気)
12ダノンタッチダウン(2人気)

【ご注意】予想の転載はお控えください

買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬連通常
511
300円
馬連流し
2
相手
511
2通り 各500円
ワイド通常
511
700円
ワイド流し
2
相手
511
2通り 各1,500円
馬単1着流し
1着軸
2
相手
312
2通り 各1,000円 払い戻し2-12:1,000円x10.7倍=10,700円
3連単フォーメーション
1着
511
2着
511
3着
2312
6通り 各100円
3連単1着流し
1着軸
2
相手
351112
12通り 各100円
3連単2着流し
2着軸
2
相手
351112
12通り 各100円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 10,700円
収支 +700円
レース結果
着順 馬番 馬名 人気
1 2 ドルチェモア 1人気
2 12 ダノンタッチダウン 2人気
3 14 レイベリング 3人気
4 1 キョウエイブリッサ 16人気
5 5 バグラダス 8人気
6 3 オールパルフェ 4人気
7 7 オオバンブルマイ 5人気
8 11 ティニア 7人気
9 16 コーパスクリスティ 6人気
10 8 グラニット 9人気
11 9 ニシノベストワン 15人気
12 4 ドンデンガエシ 11人気
13 13 スズカダブル 12人気
14 6 ミシェラドラータ 17人気
15 10 ウメムスビ 14人気
16 15 フロムダスク 13人気
17 17 エンファサイズ 10人気

払戻金

単勝 2 
310円 1人気
複勝 2
12
14
130円
140円
210円
1人気2人気4人気
枠連
  • 1
  • 6

560円 1人気
馬連
  • 2
  • 12

550円 1人気
ワイド
  • 2
  • 12

  • 2
  • 14

  • 12
  • 14

260円
520円
490円
1人気5人気3人気
馬単
  • 2
  • 12

1,070円 1人気
3連複
  • 2
  • 12
  • 14
1,280円 1人気
3連単
  • 2
  • 12
  • 14
4,570円 1人気

※結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

お気に入り予想家登録

お気に入り登録が完了しました。

この予想家が予想を公開した際に通知を受け取りますか?

お気に入り予想家登録

お気に入り登録を解除します。

お気に入りの解除に伴い、
通知、自動購入の設定も解除されます。

お気に入り予想家登録

お気に入り登録が完了しました。

この予想家が予想を公開した際に通知を受け取りますか?

見解

【阪神の勝負レース】前走の内容優秀。相手は穴馬2頭

◎ドルチェモア
前走のサウジアラビアロイヤルカップを勝ちタイム1分33秒4、上がり33.4秒の時計で快勝。
サウジアラビアロイヤルCは過去の勝ち馬の多くがG気燃萍している出世レースだが、今年のタイムを過去の同レースと比較しても、走破タイムはサリオス、ダノンプレミアムに次ぐ3位。勝ち馬の上りタイムでも、サリオスに次ぐ2位タイとなっている。比較的馬場が速かったことを差し引いても、グランアレグリアなどを含む過去の名馬とも遜色ない時計だった。ラップ面では、グラニットが大逃げしたことによってラスト2ハロン12.0−12.5と掛かっているが、離れた2番手から差し切ったこの馬はレース映像を見る限り11秒台前半のラップを連発していて、余力のある内容だった。2連勝の内容は全く底を見せず、人気でも逆らえない。

○バグラダス
前走の東京芝1400Mの1勝クラス戦は、勝ちタイムが1分20秒8で、翌日の古馬2勝クラスよりも0.4秒速い好時計。2週前に似たような馬場の速さで行われた京王杯2歳Sと比べても0.1秒速かった。33.6秒の上りで3着以下をを突き放す強い内容で、最内をロスなく立ち回って先行して好走した京王杯の上位組よりも評価できる。新潟2歳Sで4着に負けているようにマイルへの延長に不安はあるが、デビュー以来の2戦は逃げるレースをしていたのに対して前走では控えて末脚を活かすレースができていて、好枠からロスなく脚を貯められればマイルでも通用する可能性はある。前走で京王杯組よりも内容のあるレースをしながら、平場のレースでの勝ち上がりだったせいか京王杯を勝ったオオバンブルマイと比べても全く人気になっておらず、積極的に狙いたい。

▲ティニア
バグラダスが勝った東京芝1400Mの前走で0.1秒差の2着。最後は勝ち馬よりも速い上がりを使って差を詰めていて、勝ち馬と同等の評価ができ、距離延長がプラスに出れば逆転の可能性もある。こちらも前走の内容の割に人気になっておらず、期待値は高そう。

△ダノンタッチダウン
前走のデイリー杯2歳Sは内をロスなく立ち回って逃げ粘ったオールパルフェを捉え切れなかったが、2位に0.9秒差を付ける上がり33.1秒の脚で追い込んでの2着。コーナーでかなり外を回るロスがありながら2位に0.7秒差を付ける33.6秒の上りで勝利した新馬戦に続き、全く底を見せない内容。立ち回りの面で不安はあるが、能力的に抜けている可能性があり、人気ではあるが押さえておく。

△オールパルフェ
デイリー杯2歳Sは、内を立ち回ったとはいえタイム面はまずまず優秀で、過去の同レースと比べても遜色ない。2着のダノンタッチダウンと比べるとポテンシャルは劣るが、立ち回りの差で再び先着する可能性はあるし、オッズもこちらの方がつくので押さえておく。

レイベリング
東京芝1600Mの新馬戦では、スローの展開を2位に0.7秒差を付ける33.1秒の上りで突き抜けて圧勝。底は見せておらず人気薄であれば積極的に買いたい馬だが、単勝6倍程度の3番人気になりそう。未知の魅力に賭けられるオッズでもなく、今回は切る。

馬番 馬名        指数(順位)
 1キョウエイブリッサ  55(14)
 2ドルチェモア    104 (1)
 3オールパルフェ    88 (4)
 4ドンデンガエシ    82 (5)
 5バグラダス      98 (2)
 6ミシェラドラータ   51(16)
 7オオバンブルマイ   71 (8)
 8グラニット      53(15)
 9ニシノベストワン   68 (9)
10ウメムスビ      66(10)
11ティニア       91 (3)
12ダノンタッチダウン  64(11)
13スズカダブル     77 (6)
14レイベリング     73 (7)
15フロムダスク     45(17)
16コーパスクリスティ  63(12)
17エンファサイズ    62(13)
※期待値(回収率)が高い馬ほど指数が高くなります。印と買い目は、指数に加えて的中率などの要素もふまえて総合的に決定します。

公開日時:2022/12/17 20:01

この予想家をお気に入り登録する ※予想が公開されると通知が受け取れます。

この予想家をお気に入り登録する ※予想が公開されると通知が受け取れます。

お気に入り登録済み ※予想が公開されると通知が受け取れます。