netkeiba.com

野村明の予想

11R
スプリンターズS GI
10月4日(日) 15:40 中山 芝1200m
予想印
2モズスーパーフレア(2人気)
3ダノンスマッシュ(3人気)
10グランアレグリア(1人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬連流し
2
相手
310
2通り 各2,500円
馬連通常
310
1,500円 払い戻し:1,500円x5.3倍=7,950円
3連複通常
2310
2,000円
3連単通常
2310
700円
3連単通常
2103
800円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 7,950円
収支 -2,050円
レース結果
着順 馬番 馬名 人気
1 10 グランアレグリア 1人気
2 3 ダノンスマッシュ 3人気
3 16 アウィルアウェイ 10人気
4 7 ミスターメロディ 7人気
5 15 クリノガウディー 9人気
6 13 レッドアンシェル 4人気
7 5 メイショウグロッケ 12人気
8 1 ダイメイプリンセス 15人気
9 6 ライトオンキュー 6人気
10 2 モズスーパーフレア 2人気
11 14 エイティーンガール 8人気
12 4 キングハート 16人気
13 9 ダイアトニック 5人気
14 8 ダイメイフジ 13人気
15 11 ラブカンプー 14人気
16 12 ビアンフェ 11人気

お気に入り予想家登録

お気に入り登録が完了しました。

この予想家が予想を公開した際に通知を受け取りますか?

見解

自信度A・人気3頭の争い

中山11R スプリンターズS
==調教評価==
番: 今回 /前 2 3 4 5
01:53(/)/58 64 55 58 61
02:74(←)/73 73 73 67 66
03:64(←)/65 61 63 51 73
04:51(↓)/60 53 57 58 57
05:58(↓)/68 68 74 69 56
06:63(←)/62 64 62 70 61
07:56(↓)/65 64 70 73 63
08:57(←)/59 67 58 55 59
09:57(↑)/40 56 62 66 66
10:62(/)/68 67 56 58 55
11:49(/)/55 56 58 50 54
12:65(←)/64 67 53 63 63
13:59(←)/60 58 63 62 63
14:64(←)/61 43 59 66 53
15:59(←)/60 65 57 69 68
16:58(←)/60 59 61 59 59
※今回・近5走の最終追い切り時計のみを数値化。高いほど速い時計という意です。
※今週出走していない馬を含め全調教タイムから算出。
※連闘・計時不能の場合は50としてカウント。

●中山芝について
 週中、月曜からほぼ雨は降っておらず木曜に1.5ミリ降った程度。土曜のレースのタイムを見ても先週日曜と同じぐらいの馬場。先週の日曜のnetkeibaの馬場指数を見ると「2」、少し時計の掛かっている馬場で時計の掛かる馬場が得意な馬を狙うという程のモノで、土曜の決着時計を見ても同等もしくは、少し速くなって「0」の水準の馬場と見る。
 昨年のスプリンターズSの馬場指数が「-17」と速い時計の出る馬場だったので、昨年と比較すると時計の掛かる馬場になっているが、「10」とか「20」みたいな馬場ではないので、時計の掛かる馬場を得意とする所謂パワー型を狙う必要はない。
 土曜の脚質傾向を見ると、中山で芝のレースは6レースあったが逃げた馬は1頭も馬券になっておらず(3着内には残っておらず)、苦戦。先行・差し馬の台頭が目に付いている。
ただ、逃げた馬の人気を見ると、11・8・5/13・7・12・10と人気のない馬だったので、元々力が無い馬で馬場の影響によるものではないとも判断できる。
※5/13は5番人気と13番人気。5Rの新馬戦で途中で逃げた馬が変わったので、ヴァシリエフスキー・エコロワカの2頭分。

◎本命は2.モズスーパーフレア
 出遅れなかったり極端なハイペースにならなければ、この枠からなら逃げ切れると見る。

 この中山芝1200mは5戦して3勝・2着2回、連を外していない。昨年のスプリンターズSでも逃げて、勝ったタワーオブロンドンに半馬身先着されてしまったが、交わされたのはゴール手前で惜しい内容。タイムもほぼ毎回1分7秒0,1,2で同じような時計で走れている点は強調したい。

 馬場に関しても↑の通り昨年のスプリンターズSの馬場指数は「-17」と高速馬場だったが、繰り上がりだったが勝った今年の高松宮記念は「10」と逆に時計の掛かる馬場でのモノ。前走の北九州記念も「-1」とどんな馬場状態でも力を出している。

 グランアレグリアも牝馬なので同じ55キロだが、ダノンスマッシュは牡馬で57キロ。55キロという斤量は短距離戦にとっては有利。短距離では0秒1の価値が高く、斤量が軽ければ軽い方が良い。
 グランアレグリアに関しては、右回りの1200m戦という事で割り引いた形。1200mでは前走の高松宮記念でモズスーパーフレアにハナ差及ばず届いておらず、ベストは1400mのように思う。阪神カップで5馬身差つけて勝っているが、相手が弱かった事とベストの1400mだった事によるモノだろう。1200mで同じだけのパフォーマンスとまではいかないように思い、評価を下げた。

 モズスーパーフレアが逃げてダノンスマッシュが2〜4番手、グランアレグリアが中団。直線に入ってもモズスーパーフレアがそのまま先頭で、ダノンスマッシュが追い掛けるも半馬身ぐらい及ばず。グランアレグリアも外から伸びるも届かず3着というようなレースシーンをイメージして印をつけた。

馬券は人気3頭になるが、馬連BOX・3連複1点、モズスーパーフレア頭の3連単2点で行きたい。