netkeiba.com

豚ファンの予想

11R
大阪杯 GI
4月5日(日) 15:40 阪神 芝2000m
予想印
5ラッキーライラック(2人気)
8ダノンキングリー(1人気)
10ジナンボー(9人気)
12クロノジェネシス(4人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬連通常
58
3,000円
馬連流し
5
相手
1012
2通り 各1,500円 払い戻し5-12:1,500円x11.1倍=16,650円
ワイド通常
510
1,500円
3連複2軸流し
軸1
5
軸2
8
相手
1012
2通り 各1,000円 払い戻し5-8-12:1,000円x13.5倍=13,500円
3連複通常
51012
500円
合計 10,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 30,150円
収支 +20,150円
レース結果
着順 馬番 馬名 人気
1 5 ラッキーライラック 2人気
2 12 クロノジェネシス 4人気
3 8 ダノンキングリー 1人気
4 11 カデナ 11人気
5 4 ワグネリアン 5人気
6 10 ジナンボー 9人気
7 3 ブラストワンピース 3人気
8 6 レッドジェニアル 12人気
9 7 ステイフーリッシュ 8人気
10 2 サトノソルタス 10人気
11 9 マカヒキ 7人気
12 1 ロードマイウェイ 6人気

お気に入り予想家登録

お気に入り登録が完了しました。

この予想家が予想を公開した際に通知を受け取りますか?

見解

枠番によって傾向が変わるレース

2019年 1着 3番 2着 6番 3着 2番
2018年 1着 5番 2着 8番 3着 15番
2017年 1着 5番 2着 4番 3着 13番

過去3年の3着以内、9頭の馬番を見ても6番より内が6頭いて、内枠優位の傾向がある。内枠で馬券になった多くの馬は過去実績(過去2戦〜過去5戦)で1600M、1800Mのレースを使われている。昨年で言えば、9番人気1着だったアルアインは2走前マイルCS(1600M)、2着のキセキ、3着のワグネリアンも過去5走までに東京1800Mのレースを経験、2年前の6番人気2着のペルシアンナイトも2走前1600Mを経験している。
逆に外枠で3着以内に入った2018年スワーヴリチャード、2017年ヤマカツエースは2走前有馬記念(2500M)で4着の実績があり、2000Mより長い距離の実績が求められる。


◎ラッキーライラック
4走前に府中牝馬S(1800M)を経験。前走の中山記念ではダノンキングリーに敗れたが、2000Mへの距離延長はこちらのほうが分がありそう。スローペースが予想されるメンバー構成で32秒後半から33秒前半の上がりを使えることはプラスに働きそう。

〇ダノンキングリー
前走の中山記念は道中距離ロスのない内を回り最後の直線で外に出す100点満点の競馬。また2000Mも皐月賞3着があり距離自体は問題ない。ただ今回は前走より外枠(8番)を引いてしまったことが若干のマイナス。

▲ジナンボー
実績的には格下の存在で乗り難しい馬だが4走前の新潟記念では差し追い込みの流れになりながらも2着に粘ったことを評価。1800Mより2000Mのほうが良い馬でスンナリ逃げれば面白い存在。

△クロノジェネシス
外枠はマイナス材料だが、他の人気馬に比べ前目に位置付けできることはプラス。ラッキーライラック同様速い上りを使えるタイプで展開にも恵まれそう。