netkeiba.com

小田哲也の予想

2017年10月9日(月)

京都11R 京都大賞典(G2)

予想印
8トーセンバジル(6人気)
7フェイムゲーム(5人気)
2サウンズオブアース(2人気)
4スマートレイアー(4人気)
5ミッキーロケット(3人気)
12カレンミロティック(9人気)
3シュヴァルグラン(1人気)
買い目
券種・買い目 組み合わせ・点数
馬連流し
8
相手
2345712
6通り 各1,000円 払い戻し4-8:1,000円x43.0倍=43,000円
合計 6,000円
払い戻し・収支
払い戻し金額 43,000円
収支 +37,000円
レース結果
着順 馬番 馬名 人気
1 4 スマートレイアー 4人気
2 8 トーセンバジル 6人気
3 3 シュヴァルグラン 1人気
4 5 ミッキーロケット 3人気
5 14 レコンダイト 14人気
6 10 ラストインパクト 10人気
7 6 ヒットザターゲット 11人気
8 12 カレンミロティック 9人気
9 15 マキシマムドパリ 7人気
10 7 フェイムゲーム 5人気
11 1 プロレタリアト 13人気
12 9 アクションスター 15人気
13 2 サウンズオブアース 2人気
14 11 バロンドゥフォール 12人気
15 13 ハッピーモーメント 8人気

小田哲也の見解

先を見据える実績馬より、ここ全力の条件最適馬

馬場状態は先行馬に今年も有利な舞台設定。ただ、昨年2番手から抜け出したキタサンブラックは不在。前に行ってのしぶとさならカレンミロティックだが、昨年11月メルボルンC以来の約1年ぶりでは◎は到底打てず、せいぜい△(押さえ評価)まで。宝塚記念で逃げて8着に失速したシュヴァルグランもさすがに本来の待機策か。そう考えると、前の組の勢力は脆弱。今回よりも、次走以降のG祇鐇に重きを置く馬も見え隠れして、波乱ムードが漂っている。
 ◎トーセンバジルは休み明けの馬が多い顔触れの中、夏の新潟記念(7着)を叩き、中4週の理想的ローテーション。それも交通の便がいい新潟〜栗東間の輸送なら、超長距離輸送になる札幌組(札幌記念や丹頂S組など)と比べて移動負担が少なく、着実に上積みが見込める。2000mの前走は距離不足=追走に精一杯で後方に置かれたが、ラストは大外からしぶとく伸びていた。G気任聾従厳しく、ここ勝負は明白。400単篦垢巴翆追婉瓩魍擇膨描できるようなら、ラスト3F33秒台前半の決め脚で互角以上に戦える見立て。
 ○フェイムゲームは58舛鬚困辰版愽蕕錣気譴燭海箸鮃佑┐譴弌⊂柄な馬でもあり、今回の別定57舛浪燭箸睫ノ蓮O箸陵は▲サウンズオブアース。典型的な差しタイプだが、馬群を縫える勝負根性は持ち合わせている。イン差し浮上のシーンは考えておきたい。